読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Traveling Salesman Problem 1

遺伝的アルゴリズム Python

巡回セールスマン問題を遺伝的アルゴリズムを使って計算してみています。

ちょっとまだ、きれいな解が得られてないので、途中経過だけ残しておこうかと。

【適応度変化のグラフ】
f:id:moratorium08:20131006004803p:plain
なんかグラフ的には、厳しい感じに見えますが、絵にしてみると

【巡回の図】
f:id:moratorium08:20131006004938p:plain
なんか、全然だめなんですよね。ただ
【初期の頃】
f:id:moratorium08:20131006005024p:plain

なんか、ひょっとすると、Processingあたりでミスってる可能性とかあるんでヤバい感じある。適応度的には2倍程度は距離が縮んでるはずなんですよね