iOSのアプリつくった話。とコード署名でno identities are available for signingって言われまくった話

ものはたいしたものじゃないというか、僕が欲しかったっていうだけのアプリなのですが、iOS dev program登録して何もしないのもお金がもったいなすぎるということで、アプリを投稿してみました。

で、Objective-Cのメソッドなげーとか言いながら、まぁたのしくコーディング出来た訳です。んで、実機テストしてまぁいけんじゃね?的なノリでアップロードしようとしたのが昨日の昼。そっからが本気でえぐかったってことをちょっと懺悔的に書きたいと思います。


まず、めちゃくちゃ色々入力させられて、かつChromeでやってたので、3回データ(入力したやつ)が飛びました。まず、ここで死にたくなりました。Safariを使えっていうアレですね。

んで、よく考えてみると、アイコン作ってねえなってことでアイコンを作ったのですが、画像編集能力の欠如により1時間以上かけて結局ゴミみたいなアイコンしか作れなかったと。

そしてラスボスとして、コード署名に殺されかけました。とりあえず、Targetとか弄って、Archiveしたはいいんですが、"no identities are available for signing"を連呼されて、結局昨日は2時(今日か)くらいまでやって終わらず、そしてさっきようやく終わりました。

何がいけなかったのかといえば、結果から言えばDistributionにするのを忘れていたということなんですが、Distributionにするのは分かってて、出来てなかったのでひょっとしたら、ここでハマる人が僕以外にもいるかもしれないですね。stackoverflowとかの質問を見ていると、Provisioning Profiles->Distribution->+みたいな感じで書いてあった気がするんですが、まぁ確かに間違ってないっちゃ間違ってないんですが、その後の選択するやつで、その流れで+を押せばとりあえず、Distributionに関するprovisioning profileが手には入るんじゃないかと思って、今までのノリで、iOS App Developmentを押してたわけです。

めっちゃ落ち着いて後から見てみると、思いっきりそれは間違いで、上に思いっきり「Development」って書いてあるわけです。つまりその下にあるやつを押せばいいんですが、なんか知らないけど10個以上作ったProvisioning profiles全部流れ作業のように上を押しててハマりましたね。

なんかちょっと興奮してて文章書けないので、やめますが、とりあえず、アプリの登録は落ち着いてやるに限るみたいです。。。

seccon online

CTF雑魚なので、全然問題解けなかったのです。数毒のやつと、12問暗号のやつの11問までの部分点までしか解けなかった、という悲惨な結果です。

えっと、初めてのCTFということで初めてのWrite upを書いてみようと思いましたが、他の人にかなり完全な答えのWrite upがいくつかあったので、書きかけてたものを即消ししました。

精進します・・・

あけましておめでとうございます

今年は足し算が出来るようになりたいです。

奇数出力するやつ〜

雑魚なので、+++とかって書くだけで闇っぽいなぁと思いました(小並感

#include <stdio.h>

int main(void)
{
    int i = 0;

    for (i; i<10;i++){
        printf("%d\n", i+++1);
    }
}
[出力]
% ./a.out
1
3
5
7
9

以上です...

xcodeでboost使うためのメモ

非常に忘れっぽいので、というか毎回ググって誰かのブログから見てくるのがめんどくさいので、ここに書いておきます

例えば次のように関数を「nx^m」と書いたときのmが知りたいときってあるじゃないですか(?)。で、正規表現使いたいって思ってboostを読み込むわけですが、ちょっとめんどくさいので、書き残しておきます

regextest.h
#include <iostream>
#include <string>
#include <boost/regex.hpp>

using namespace std;
class RegexTest {
    
public:
    static string getDegree(string func_str);
};
regextest.mm
#include "regextest.h"

string RegexTest::getDegree(string func_str)
{
    boost::regex reg("(\\d*)x\\^(-?\\d+)");
    boost::smatch result;
    if (boost::regex_match(func_str, result, reg)) {
        return result.str(2);
    }
    return NULL;
    
}
main.mm
#import <Cocoa/Cocoa.h>
#include "regextest.h"

int main(int argc, char *argv[])
{
    string f("2x^3");
    cout << "("<< f << ")'s degree is " <<RegexTest::getDegree(f) << endl;
    return NSApplicationMain(argc, (const char **)argv);
}

これ普通にやろうとすると、リンクできないので、
f:id:moratorium08:20131106091148p:plain
このようにHeader Search Path(Build Settings の真ん中のあたりにSearch Pathという項目がありその中にあるやつ)を変更したあと、Build Phasesタブに移って、Link Binary With Librariesで、プラス押すとワーっとライブラリ押すといろいろ出てきますが、その中には無いので、左下のAdd Other押すと、ファイル全体のブラウジングできます。で、僕は/opt/local/lib/にいろいろあるので、そっから、今回使ったlibboost_regex-mt.aを選ぶと
f:id:moratorium08:20131106091613p:plain
実行してみると
f:id:moratorium08:20131106092800p:plain
できました。めでたしめでたし。(というか、まぁmain.mmで出来るので、他のところでもできますねってことですね)

あ、あといつもObjective-C++使うと忘れるのですが、main.mをmain.mmにするのを忘れるな と未来の自分に言っておきます。

Boost使って正規表現で名前付きキャプチャしようとした話

もともとPython

#coding:utf-8
from __future__ import print_function 
import re
s = "123hello"
# named capture 
m = re.match(r"(?P<num>\d*)(?P<str>.*)", s)
print("num is", m.group("num"))
print("str is", m.group("str"))

というように、正規表現を使って中の文字列に対して名前付きキャプチャしようとしただけなんですが、、、

以下C++で上のやつをやった結果です。

#include <iostream>
#include <boost/xpressive/xpressive.hpp>
#include <boost/xpressive/regex_algorithms.hpp>

using namespace boost::xpressive;
int main(void)
{
    std::string str("123hello");
    sregex rx = sregex::compile("(?P<num>\\d*)(?P<str>.*)");
    smatch m;

    if (regex_match(str.begin(), str.end(), m, rx)){
        std::cout << "num is " << m["num"] << std::endl;
        std::cout << "str is " << m["str"] << std::endl;
    }
}

User's Guide - 1.44.0
これ見れば一発かもしれませんが...

Pythonの子プロセスIO

すっごい見よう見まねですが。subprocessモジュール使って子プロセスのIOしてます

ipc_test_parent.py
#coding:utf-8
from subprocess import *
p = Popen("python ipc_test_child.py", shell=True,
                  stdin=PIPE, stdout=PIPE, stderr=STDOUT,  close_fds=True)
(child_stdin, child_stdout) = (p.stdin, p.stdout)

child_stdin.write("a\n")

while True:
    l = child_stdout.readline()
    if not l:
        break
    print l,
ipc_test_child.py
# coding:utf-8
a = raw_input()
print ''.join([a, "\t", "in child"])

http://d.hatena.ne.jp/kakurasan/20080413/p1

http://docs.python.jp/2.6/library/os.html#os.popen (公式んとこ)
参照した結果上記の謎コードが生まれました。