読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOSのアプリつくった話。とコード署名でno identities are available for signingって言われまくった話

iOSプログラミング iPhone

ものはたいしたものじゃないというか、僕が欲しかったっていうだけのアプリなのですが、iOS dev program登録して何もしないのもお金がもったいなすぎるということで、アプリを投稿してみました。

で、Objective-Cのメソッドなげーとか言いながら、まぁたのしくコーディング出来た訳です。んで、実機テストしてまぁいけんじゃね?的なノリでアップロードしようとしたのが昨日の昼。そっからが本気でえぐかったってことをちょっと懺悔的に書きたいと思います。


まず、めちゃくちゃ色々入力させられて、かつChromeでやってたので、3回データ(入力したやつ)が飛びました。まず、ここで死にたくなりました。Safariを使えっていうアレですね。

んで、よく考えてみると、アイコン作ってねえなってことでアイコンを作ったのですが、画像編集能力の欠如により1時間以上かけて結局ゴミみたいなアイコンしか作れなかったと。

そしてラスボスとして、コード署名に殺されかけました。とりあえず、Targetとか弄って、Archiveしたはいいんですが、"no identities are available for signing"を連呼されて、結局昨日は2時(今日か)くらいまでやって終わらず、そしてさっきようやく終わりました。

何がいけなかったのかといえば、結果から言えばDistributionにするのを忘れていたということなんですが、Distributionにするのは分かってて、出来てなかったのでひょっとしたら、ここでハマる人が僕以外にもいるかもしれないですね。stackoverflowとかの質問を見ていると、Provisioning Profiles->Distribution->+みたいな感じで書いてあった気がするんですが、まぁ確かに間違ってないっちゃ間違ってないんですが、その後の選択するやつで、その流れで+を押せばとりあえず、Distributionに関するprovisioning profileが手には入るんじゃないかと思って、今までのノリで、iOS App Developmentを押してたわけです。

めっちゃ落ち着いて後から見てみると、思いっきりそれは間違いで、上に思いっきり「Development」って書いてあるわけです。つまりその下にあるやつを押せばいいんですが、なんか知らないけど10個以上作ったProvisioning profiles全部流れ作業のように上を押しててハマりましたね。

なんかちょっと興奮してて文章書けないので、やめますが、とりあえず、アプリの登録は落ち着いてやるに限るみたいです。。。